沖縄マンゴーの価格・相場など

投稿日:2017.05.31

沖縄いただきます代表の外間です。

今回はマンゴーの価格・相場の話をするね。

まず初めに基本的にマンゴーを作っている農家さんはみんなできるだけ高く売れた方が嬉しいわけよ。

ちゃんと手間ひまかけてる農家さんもそうでない農家さんも。

とある組合は秀品・優品・良品を3つのランクに分けて、見た目の赤さ・傷・大きさでランクを決めていくわけさ。

とある組合さんは近所同士のマンゴー農家を1グループにしてこのグループで取れたマンゴーは秀品○kg・優品は○kgで、
それでグループで○○円ね。って感じで買い取ってもらうそうなんだけど、グループで決まるから頑張ってる農家さんもそんなに頑張ってない農家さんも一緒にされるからとある組合さんに買い取ってもらっている農家さんは不公平さを感じてるそうだよ。ここだけの話。

とある組合さんの話は置いといて、一生懸命美味しいマンゴーを育てる為に、ビニールハウスを建てたり、土地を増やしたり、寒い時はボイラーで温めたり、夏場の熱い時期にはビニールハウスが熱くなりすぎるから大きな扇風機を付けたり、マンゴーを育てる環境を作るのに結構お金がかかるわけよ。

しかもマンゴーの木からマンゴーが初めて収穫できるまでに3年かかるわけよ。
マンゴーの木育て初めてから3年立たないとマンゴーが取れるようにならないって結構大変だよね。

マンゴー事態いろいろお金がかかって育てられてるから高いわけさ。

明日も安くマンゴーが買える方法とか教えようね。

沖縄いただきますの沖縄マンゴーの販売はこちらから