沖縄マンゴーの時期・収穫・シーズンは?

投稿日:2017.05.24

沖縄いただきますの代表の外間です。

今日はね、毎年4~5月頃からマンゴー食べれるのいつかね~?って聞いてくれる楽しみにしてくれてるお客さんがいるからマンゴーの収穫の時期とか紹介しようね~。

まず沖縄でも離島の「宮古島・石垣島」と沖縄本島の「南部」「北部」の大きく3つに分かれるわけさ~。

収穫が一番早く始まるのが「宮古島・石垣島」の5月中旬~下旬からの出荷、次に沖縄本島の「南部」で6月上旬、最後に「北部」で6月下旬から7月上旬からの収穫の時期になるわけ。
南側から北上して行く感じで収穫時期が沖縄でも異なるわけさ~。

でもさ、沖縄の早い収穫で5月中旬~下旬からなのに、宮崎のマンゴーはなんで5月上旬から収穫してるの?ってこのブログを読んでるマンゴーファンは思ったはずね。((≧艸≦*))笑

それはね、農業技術発展しているからだよ。
沖縄より宮崎が寒いのに沖縄よりも早く収穫できるのはビニールハウスの中でボイラーを焚いてビニールハウスの中を温かくするわけ。沖縄の気温よりも温かい環境が作れるさ~。

じゃあ、沖縄もボイラー使って早く収穫したらいいさ~って思ったでしょ?あなた鋭いね。

ボイラーは実は沖縄でも使ってるところ結構いるわけさ。暖かくなる前に寒くなる時期も必要だわけさ~。
寒くなったら花が付きやすくなるわけ。宮崎と沖縄どっちが早く寒くなるね?宮崎でしょ?
花が早く付くと早くマンゴーの実が育ちやすくなるわけさ~。

じゃあマンゴーの栽培は宮崎とかがいいんじゃない?って思ったかもしれないけど、これも一長一短あるわけさ~。
ボイラー使って暖かくすると燃料費が掛かるわけさ、宮崎は沖縄より寒いから余計に燃料費が掛かるわけさ~。

ちょっと話が脱線したけど、みんな美味しいマンゴー作る為に一生懸命さ~。
明日から予約販売開始できるようにまだ準備してるからもうちょっとだけ待っててね。

今日は写真一枚も無くて寂しいから秘密兵器見せよね。

今度これマンゴーのページで紹介しようね。((≧艸≦*))

沖縄いただきますの沖縄マンゴーの販売はこちらから