沖縄マンゴーの時期・収穫・シーズンは?

投稿日:2018.04.15

沖縄マンゴー

2018年4月15日より予約販売開始

4~5月頃から「マンゴー食べれるのいつかね~?」って楽しみにしてくれてるお客さんがいるからマンゴーの収穫の時期とか紹介しますね。

まず沖縄でも離島の「宮古島・石垣島」と沖縄本島の「南部」「北部」の大きく3つに分かれます。

収穫が一番早く始まるのが「宮古島・石垣島」の5月中旬~下旬からの出荷、次に沖縄本島の「南部」で6月上旬、最後に「北部」で6月下旬から7月上旬からの収穫の時期になるわけ。
南側から北上して行く感じで収穫時期が沖縄でも異なるだよ。

沖縄マンゴー

でもね、沖縄の早い収穫で5月中旬~下旬からなのに、宮崎のマンゴーはなんで5月上旬から収穫してるの?ってこのブログを読んでる人は思ったはずね。((≧艸≦*))笑

それはね、農業技術発展しているからだよ。
沖縄より宮崎が寒いのに沖縄よりも早く収穫できるのはビニールハウスの中でボイラーを焚いてビニールハウスの中を温かくするんだよ。
そしたら沖縄の気温よりも温かい環境が作れるさ~。

じゃあ、沖縄もボイラー使って早く収穫したらいいさ~って思ったでしょ?あなた賢いね。

マンゴーの実がなる前に受粉したマンゴーの樹に花が咲くんだけどね。
桜の開花みたいに寒い~が必要なわけ。寒ーい時期から温かくなる気温の差があるとマンゴーの花が咲きやすいんだよ。
だから宮崎県では4月頃からボイラーを焚いて沖縄よりもマンゴーの花が咲くのが速いんだよ。

じゃあマンゴーの栽培は宮崎とかがいいんじゃない?って思ったかもしれないけど、これも一長一短あるわけ。
ボイラー使って暖かくすると燃料費が掛かるわけさ、宮崎は沖縄より寒いから余計に燃料費が掛かるわけさ~。
最近では北海道でもマンゴー作っている農家さんがあるみたいだね。12月に収穫してるみたいだよ。
いろんな場所でおいしいマンゴー作ろうと努力してるから面白いね~。

2018年の今年は2月3月が暖かくなってきたなって思ったら寒くなったり、マンゴー農家さんも気温のコントロールに苦労した人も多いみたいだね。
人によっては2018年の収穫は去年より少ないかもって言ってる人もいるから美味しいマンゴー食べたい人は早めに注文してた方が安心できるよ~。
日本一マンゴーが大好きな沖縄いただきますが今年も美味しいマンゴーを皆さんに届けるからよかったら予約注文してくださいね。

沖縄マンゴーはこちらから